ハミングウォーター フィルター交換は簡単|使い方や取扱説明書も

フィルター交換がワンタッチで済む!これが原因の故障はまず考えられません

ハミングウォーターは、そのシンプルなデザインから想像できるように、フィルター交換もとっても簡単になっています。
ひねって回して外し、同じようにひねって取り付けるだけ!
使い方は正直、取扱説明書をわざわざ見なくても良いくらい簡単です。
もちろん見るに越したことはありませんが…
動画サイトなどでも丁寧に解説している方の口コミなども見受けられますね。
フィルターは返却せずに、ゴミとして出せるのでわざわざ返送手続きなどをしたり、お問い合わせしてあーだこーだ聞く必要もありません。
燃えないゴミとして捨てる地域が多いかもしれませんが、各自治体によって浄水器のフィルターなどの処分方法は決まっているので、あなたのお住まいのゴミ処理方法に従いましょう。
また、新しく届いたフィルターが原因で故障するというのはまず考えにくいです。
それほど、ハミングウォーターに取り付けされているフィルターの性能は高いといえます。

取付不備で水漏れやお湯だけ出ない可能性は?

ただ、新品とはいえ、フィルターの取付が甘い場合ですとお水が出ない場合やお湯だけ出ない…なんてこともあり得るかもしれません。
フィルターはカチッと明確に音がしないので、すこしわかりにくいかもしれません。
ですが、『止』などのマークでしっかりとわかりやすくなっているので、取付不備になって故障するということはまずないと思います。
さすがは、もともとコスモウォーターというウォーターサーバーを出している株式会社コスモライフなだけはありますね。
ちなみに、取付不備による故障以前に、そもそもコンセントに電源コードが刺さっていないパターンなどもあるので、最初はそちらをチェックした方が良いと思います。
あと、ブラブラとあるアース線ですが、取付できるコンセントなら取付した方がよいですが、無い場合は無理に刺すことはありません。
新しい家などでは漏電対策はきちんとされているでしょうからね。
最悪なパターンになる事は考えにくいです。

フローズサーバーのタンク容量やメンテナンス方法など

レンタルできるサーバーはフローズというんですが(購入・買い切りは不可)、こちらは公式サイトをチェックするとホワイトカラーで唯一選択できる1機種のみとなっています。
選択肢の幅が狭いのはデメリットに感じる部分かもしれません。
とはいえは、初期費用は2000円と安く、支払い(クレジットカードのみ)も3000円(税込3300円)なのでお財布への負担も少なく、支払いとしては助かる部分です。
わずかばかりの月の水道代を支払い、電気代を払うことで月額が他社のウォーターサーバーよりもグッと安くなるでしょう。
水道水ウォーターサーバーとしては、かなりのクオリティをこのフローズ持っていると思います。

うるさい音に悩む?フィルター、つまりカートリッジが原因なことは…

フィルターの取付云々というより、これはハミングウォーターであり得る初期故障ですが…
レンタルできるフローズは、お水を入れたとき(給水タンクに)にコポコポという給水される音、サーバー内でブーンとしたお湯を温めたり冷水を作る音が鳴ることがあります。
決して大きい音ではないので、うるさいと感じるほどではないと思いますが…
単純に故障しているかもしれません。
故障した際でも、基本はお問い合わせ先の電話番号に連絡してオペレーターの指示を受けることが大事です。

黒バージョンのハミングウォーターが出たらいいですね

ハミングウォーターは、まだ始まってそこまで歴史が深くありません。
今後の展開によっては買取システムやら支払い方法がクレジットカード以外になったり、新しいキャンペーンでキャッシュバック(やポイントバック)、友達からの紹介によってもらえるクーポンなども出るかもしれませんが…
2021年2月の現在はありませんね。
また、選べるカラーも今のところ白のみなので、そこがなんだか味気ない感じになります。
もしも新しいサーバーが出るのでしたら、できればカラーは黒なんてシックなものが出るとうれしいです。
給水タンクは透明なままでしょうが、その下は一面黒色!
チャイルドロックやUV殺菌のような基本機能はもちろん、特典付きでまた新しい事業をハミングウォーターには起こしてもらいたいです。