ハミングウォーターの使い方を知ろう!|取扱説明書の熟読は重要!

使い方云々で故障…するわけじゃないけど

ハミングウォーターは、使い方はそこまでむずかしいってことはありません。
フローズ(サーバーの事)が送られるときに一緒に入っている取扱説明書を見ながら操作すれば、すぐにでも慣れるでしょう。
定額で安い料金で済む割にはかなりの高機能で、ちょっと使い方が雑なくらいで故障することはまずありません。
ただ、最初は押しボタンの操作性にすこし慣れなかったり、掃除方法、お水の継ぎ足しに困惑するかもしれません。
そこだけがある意味ではデメリットに感じるかもしれませんが、そこは使い方に慣れれば解決するはずです。
たとえば、お水の抽出はもちろん、ロック解除方法、フィルターの交換や捨て方、いざというとき(故障した際)の返却方法など。
そういった事も含めて取扱説明書をチェックするのをおすすめします。

お湯が出ないのはなんで?これは問い合わせすると…

使い方ひとつで故障するほどヤワな存在じゃないのがハミングウォーターですが、もちろんサーバーの個体によっては故障する可能性は0ではありません。
これは仕方ない事です。
たとえばお湯が出ない、その温度がそもそもぬるい…ということもあります。
自然に起こってしまった故障に関しては、メーカーである株式会社コスモライフ(販売代理店ならそこで)に問い合わせをして、必要であればサーバー交換してもらう事が大切です。
また、水道水以外のものを使用してしまう事で故障するリスクも高まりますし、それは交換対象にならず最悪の結果になるので、そういった例外的な事はしないよう注意してください。

井戸水などはNG!?ランプ点滅などトラブルの元に?

水道水以外というと、思いつくのは井戸水あたりはよくあるかもしれません。
水道水並みの水質検査に合格していたり、動物などが寄り付かない安定した水質であればハミングウォーターに利用するのは可能かもしれませんが…
そうでない場合、このウォーターサーバーをいたずらに故障させてしまうだけになるのであまりおすすめはできません。
それこそ、お水が冷たくない場合やランプが全点滅してしまうなどトラブルの元となるので、可能な限り水道水、あっても水質検査の基準をクリアした井戸水を使うようにしましょう。

設置〜初期設定について(サイズ感に注意)

ハミングウォーターの使い方の一環として、最初の設置する場所と初期設定も含めて簡単に説明します。
設置する所は、単純に水道水が出せる水栓の近くが良いです。
これは、ほかのメーカーでもある水道水浄水型のウォーターサーバーも同様ですが、お水を足すときに距離が離れていると何かと不便を感じる事があります。
なので、例えばキッチンの水栓の横、ほかにはお風呂場近くの水栓など、水道水が足せる部分であればOKです。
その際、ピッチャーは別売りなのでどこか通販ショップなどで購入しておきましょう。
後の初期設定は思ったよりもラクで、手順としては水道水を補充してフィルターの取付を見て、OKならそのまま電源を挿すというシンプルな具合です。
そのとき、アース線はつなげられるなつなげたほうが良いですが、なければ別にプラプラと放置しても問題ありません。
ちなみに、ハミングウォーターは買い切りではないので、このサーバー自体は購入できない為、悪しからず…

他メーカーのウォーターサーバーと比較

現在、ハミングウォーターに加えてほかにも水道水を浄水するタイプのウォーターサーバーは数多くあります。
最も代表的なのはウォータースタンド、次いでこのハミングウォーター、そしてそのあとは楽水ウォーターサーバー、クールクー(終了して購入不可)、アクアスタイル、アクアバンクなどが有名かと思います。
それぞれ特徴、フィルター性能、契約期間、キャンペーンの内容(無料お試しやキャッシュバック)など、あらゆる点が違ってきます。
比較するほどでもありませんが、ハミングウォーターと他社のウォーターサーバーを比較するとして、違いがあるのは補充するタイプか、それとも水道直結と呼ばれる補充の手間も省けるタイプがある事です。
ハミングウォーターは、その補充するタイプですが、工事する必要がなく導入が手軽な点、給水タンクにお水を足すだけで良いという利便性、そして高機能なカートリッジが搭載されている点です。
トータルに考えると、ハミングウォーターという製品はかなり優秀で、唯一の難点といえば解約金が高い事(違約金ではありません)ですが、そもそも解約せず快適に使えるウォーターサーバーであればそういった心配は無用ですね。

見過ごしがち!|故障&設置時のトラブルを防ぐ【チェック事項】

 

 

取扱説明書…ついついスルーしてしまいがちですよね。

 

実際の所、ウォーターサーバーを使っている多くの方で説明書にすべて目を通してから利用する方は少ないと思います。

 

わたしも12カ月ずっとハミングウォーターを契約し続けてとくに故障はありませんが、「もしかしたら故障・トラブルが起きたかも…」と感じる事がありました。

 

でも、だといって全部にじっくりと目を通すのも面倒くさい!って感じる方も多いと思います。

 

そこで、わたしが実際に目を通して最低限必要なポイントと感じたことについて触れていきます。

 

サーバーの故障を防ぐために

・斜めや横向きで運んだら数時間放置
・水平で安定するに設置
・サーバー下にじゅうたんや板はNG
・サーバーの距離は15cm以上離す
・水道水を充水した後に電源を入れる
・基準に適した水道水以外は入れない
・35℃以上の水道水を入れない

 

ハミングウォーターでレンタルする『フローズ』っていうサーバーは、冷蔵庫と同じで冷却用の液体が入っているので、長時間横にしたりすると故障の原因になります。

 

仮に斜めや横向きで運んだら、中の液体が安定するまで数時間放置して、それから電源コードをコンセントに入れるようにしましょう。

 

それと、後は一般的な話ですが、ウォーターサーバーはとても繊細なので、設置場所や壁との間隔にも注意です。

 

お水の味わいや品質をキープする為に

・初期設定後の初使用やフィルター交換時の最初はコップ5〜6杯程度は捨てる
・フィルター交換は届いたらすぐ行う(届かない場合は連絡)
・2日以上旅行などで使わない場合は常温水を1分ほど流す
・2週間使わない場合はお水をすべて排出&フィルターを外す

 

初期設定が完了したあと「さぁ飲もう!」の前に、最初にろ過したお水をコップ5〜6杯ほどは捨てることが推奨されています。

 

理由として、配送前に消毒作業を行っている事もあって、まれに味に違和感を感じる場合があります。

 

そうならない為に、最初のお水は何杯か捨ててから飲むのがベスト!

 

次に…

 

フィルターは4か月に1回のペースで届きますので、なるべく早い段階での交換がおすすめです。

 

ろ過する最大量があって、ハミングウォーターのフィルターは約1200L分までとなっています。

 

1カ月300Lほどのペースで、これ以上のお水を消費するご家庭ですと、早めに交換した方が良いです。

 

掃除やサーバー管理の注意点|大切なお手入れ

・タンクのフタは給水以外は閉める
・直射日光、高温多湿を避ける
・背面の放熱部に指を入れない
・給水タンクの上にモノを置かない

 

掃除だけでサーバーが故障するというのは滅多にないはずですが、サーバーの設置場所が悪かった場合や、上部タンクのフタを開けっ放し、モノを置いてしまうなどで物理的に破損するリスクはあります。

 

精密機械なので、なるべく大切に扱っていきたいですね。